DPC 包括評価方式

当院は平成21年7月より包括評価方式DPC病院になりました。

平成21年7月1日以降に入院された患者さまより、入院医療費の計算が『包括評価(DPC)方式』によって計算されます。

包括評価(DPC)

※ ただし、入院後病状の経過や治療の内容によって診断群分類が変更になった場合は請求額が変動することになりますので、退院時等に前月までの支払額との差額を調整することもあります。
※ ご質問やお問い合わせは、入院会計窓口までお願いします。

出来高方式と包括評価方式

従来の出来高評価方式(平成21年6月まで) ・・・
診療内容(薬・検査など)をひとつひとつ積み上げて合計する方法です。

包括評価方式(平成21年7月から) ・・・
一連の診療行為をまとめて1日当りの包括金額(定額点数)を基本に医療費を合計する方法です。

※医療機関別係数は、病院の機能によって病院ごとに決められている係数のこと。
この医療機関別係数により、同一疾患の治療であっても病院ごとに医療費が異なります。

FAQ (Q&A)

Q1:いつから計算方法が変わるのですか?

A1:平成21年7月1日以降に入院される患者さまに対して、医療費の計算方法が変わりました。(平成21年6月30日以前より入院されている患者さまについては9月1日より計算方法が変わります)

Q2:DPCに変えたのはなぜですか?

A2:従来DPCによる医療費制度は、平成15年度から大学病院や国立病院などの高度先進医療を行っている特定機能病院を対象に実施されていました。平成16年度より、厚生労働省の調査に協力し、定められた施設基準などを満たした急性期医療を提供する一般医療機関もDPC対象病院として認可を受けられるようになりました。同愛記念病院は、医療の標準化と質の向上を目指し2年間の調査期間を経て、平成21年度よりDPC対象病院として認可を受け、平成21年7月から「DPC」による入院医療費の計算方式を導入することになりました。

Q3:全ての入院がこの制度の対象となりますか?

A3:患者さまのご病気が、病気の種類によって分類される「診断群分類」に該当する場合にこの制度が適用されます。この「診断群分類」に該当しない疾病や、労災・自賠責・自費診療・治験などは、従来の「出来高払い方式」になります。非常に長期に入院される場合や、特定の治療等を必要とする場合等には、途中から出来高払いになる場合があります。

Q4:診断群分類は入院した時点で決まりますか?

A4:DPCの病名は1回の入院で1つだけとなります。病名は主治医が入院期間中、患者さまに人的及び物的に最も医療資源が投入された傷病名を基に決定します。そのため、入院時の病名が退院するまでの検査等の結果によって変わる可能性もあります。

Q5:DPCと出来高払い方式は自由に選べるの?

A5:選べません。厚生労働省の定めにより、DPC対象となる病状に対してはDPC以外の計算は認められていません。

Q6:食事の料金もこの料金に含まれますか?

A6:食事の代金は従来通りの金額を別に負担していただくことになります。

Q7:DPCで医療費は高くなるの?安くなるの?

A7:患者さまの入院される診断病名によって1日あたりの医療費が決まるため、従来の計算方法と比べて高くなる場合もあれば、安くなる場合もあり、入院日数によっても異なります。また、病院ごとに厚生労働省の定めた係数があるため、同じ診断名や治療でも、病院によって医療費が若干異なる仕組みになっています。

Q8:医療費の支払い方法はどう変わるの?

A8:一部負担金の支払い割合は、従来の方法と変わりありません。ただし入院後、病状の経過や治療の内容によって病名が変更になった場合は、その時点で入院日に遡って医療費の計算をやり直します。そのため入院中に月が変わり、病名が変更になった場合は請求額が変動することになりますので、退院時等に前月までの支払額との差額を調整することもあります。

Q9:高額療養費の取り扱いは?

A9:高額療養費制度の取り扱いは従来と変わりありません。

Q10:請求書の発行に変更はありますか?

A10:平成21年7月より、従来の月2回請求(15日・月末締め)から、月1回の請求に変更となります。入院中の患者さまは、1ヵ月分をまとめて月末で締めて、翌月の10日に病棟へお届けします。なお、退院の患者さまにつきましては、原則として退院の日に作成をいたします。

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。