形成外科

概要

たとえどんな小さな変形やきずでも、ご本人にとってそれが悩みであり、また問題を生じていれば、それをなんとか形成外科の技術で治してあげたい、そして社会復帰への助けとなれることができればと日々考えて、診療にあたらせていただいております。

診療スケジュール

外来診療

月曜日、水曜日、金曜日 各9時~12時

手術日

火曜日、木曜日

フットケアセンター

月曜日 14時~16時

スタッフ紹介

当科の診療は、常勤医が所属する東京大学形成外科及び埼玉医科大学形成外科医局のバックアップの元に行っております。大きな手術は、常勤医と非常勤医師数名で行います。専門分野の診察が必要な場合には、常勤医師の判断により非常勤医師による外来診察・手術を受けることが出来ます。また、当院での治療が困難な場合には、関連施設への紹介も行っております。

淺野 隆之

役職 部長
専門分野 全般・顔面外傷・顔面骨骨折・皮膚腫瘍・皮膚潰瘍・小児先天異常・瘢痕・乳房再建・眼瞼下垂・各種再建・その他

平井 彩

役職 医員
専門分野 全般・顔面外傷・顔面骨骨折・皮膚腫瘍・皮膚潰瘍・小児先天異常・瘢痕・乳房再建・眼瞼下垂・各種再建・その他

診療内容

形成外科外来

やけど
けが・顔面骨骨折
唇裂・口蓋裂、手足、その他の体表先天異常、耳前ろう孔、臍ヘルニア(でべそ)
皮膚腫瘍、軟部組織腫瘍、耳下腺腫瘍
悪性腫瘍および切除後の再建、乳房再建
瘢痕(きずあと)、ケロイド
褥瘡、難治性潰瘍、糖尿病性足壊疽
その他:眼瞼下垂、下肢静脈瘤、巻き爪、腋臭症

トレチノイン軟膏、CO2レーザーによるしみ治療を行っています。
「形成外科って何をするところ?」「整形外科とは違うのですか?」といった質問をしばしば受けます。「生まれつきの、またはけがや癌などで変形したり、失われた組織の異常を治療する科です。」とお答えしますが、実際には頭の先から足の爪までさまざまな疾患が対象になります。

Q&A

Q 形成外科にかかったらよいのか、わからないのですが?
A 最初から形成外科とわかって受付される方はむしろ少ないかもしれません。形成外科は主に体表、またはそれに近い部分を扱う科ですが、他の科と分野が重なることがあります。主治医の先生にご相談くだされば、その症状に合わせて関連する科で連携して診察にあたらせていただきます。
Q きずあとは消えますか?
A 残念ながらたとえ形成外科医が縫合しても傷あとが消えてしまうことはのぞめません。しかし少しでも目立たないようにするために縫合の工夫のみならず、その後のケアをすることが重要です。当院では救急部で処置された後、必要に応じて形成外科がきずのケアをおこなっています。
Q 乳房の再建はやっていますか?
A 腫瘍の切除部位や範囲によって再建術式は変わります。患者様と充分に話し合った上、もっとも適した方法で手術を行なっています。また外科手術の前に再建について話だけでも聞きたいということももちろん可能ですので、主治医の先生にご相談ください。

関連情報

病院情報の公表

看護部

小児科救急診療

健診センター

地域医療連携

臨床研修

ピックアップ

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。