関節鏡・スポーツセンター

関節鏡・スポーツセンターは、スポーツ外傷・障害をより低侵襲な関節鏡を用いて治療することを目的に、平成20年1月に開設しました。 以来着実に患者様の信頼を得るべく日常診療を行ってまいりました。現在スポーツ選手のみならず多くの患者様にご来院いただいております。
当院で扱っているスポーツ外傷・障害は、スポーツに起因するけがをはじめとして疲労骨折やover useによる慢性的な関節の痛みなど多岐にわたり、 いずれもまずは保存的加療や予防の指導を行った上で、手術的加療の必要な疾患に対しては主に関節鏡を用いた低侵襲の治療を心がけております。 スポーツ種目は特徴的に、相撲・野球・サッカー・柔道・アメリカンフットボール・格闘技などの選手が多く受診されておりますが、 特に制限なくあらゆる種目に対して対応しておりますので、気兼ねなく受診していただければと思います。

関節鏡手術に関しては、肩関節、肘関節、股関節、膝関節、足関節とほぼ全身の関節に対して対応しております。
肩関節に関しては、中川照彦副院長を中心として、腱板断裂に対する修復術、反復性肩関節脱臼に対する制動術などをはじめに、 多くの疾患を鏡視下手術にて治療しております。
膝関節に関しては、鏡視下前十字靭帯再建術・半月板手術、反復性膝蓋骨脱臼の制動術など多くの鏡視下手術を行っております。
おかげさまで開設以来多くの患者様に来院していただき、手術件数も着実に増加しております。 今後とも的確な診断および安全な治療を目指して、鏡視下手術および術後リハビリテーションも適切な治療計画に基づいて、 できるだけ確実にスポーツ復帰できるようにサポートしたいと考えておりますので、多くの皆様のご来院を心よりお待ちしております。

同愛記念病院
関節鏡・スポーツセンター長
長瀬 寅

当センターにおける前十字靭帯再建術 (PDF資料)pdf

前十字靭帯再建術後のリハビリテーション (PDF資料)pdf

手術実績

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
総手術数 1,108例 1,059例 1,116例 1,187例 1,146例
肩関節鏡手術 155例 172例 149例 157例 171例
肩腱板修復術 116例 114例 84例 87例 109例
肩脱臼制動術 37例 31例 47例 33例 34例
膝関節鏡手術 206例 225例 229例 228例 210例
前十字靭帯再建術 96例 90例 68例 89例 88例

病院情報の公表

看護部

小児科救急診療

健診センター

地域医療連携

臨床研修

ピックアップ

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。