糖尿病・代謝内科

概要

以下のような疾患に対する診療をおこなっています。

  1. ① 糖尿病(1型・2型) インスリンポンプ療法にも対応しています。
  2. ② 脂質異常症、高尿酸血症などの代謝性疾患
  3. ③ 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎)

その他の内分泌疾患(下垂体、副腎、副甲状腺など)に対してもご相談いただければ対応させていただきます。(当院で対応困難な場合は他施設にご紹介する可能性もあります。)

糖尿病の患者さんの外来診療が中心となりますが、ご都合のつく方にはぜひ、教育入院をお勧めしています。

  1. ① 初めて糖尿病と言われたが、病気のことがよくわからず不安のある方。
  2. ② 通院ではなかなか血糖コントロールが良くならない方。
  3. ③ 血糖コントロールが悪くはないが、知識を再確認したい方、合併症の状態を調べたい方。
  4. ④ 減量が必要といわれているが、どうすればよいかわからない。

このような方々のために、教育入院プログラムをご用意しています。

13日間コース(月曜日~翌週土曜日まで):

初めての方、HbA1cが10%以上ある方、インスリン導入が必要な方、少しでも体重を減らしたい方。

6日間コース(月曜日~その週土曜日まで):

忙しい方、HbA1cがさほど高くない方、まずは食事療法を体験してみたい方。

教育入院ご希望の方、ご興味のある方は、まずは当科外来をご受診下さい。 現在ほかの医療機関におかかりの方は、紹介状をお持ちください。

スタッフ紹介

三宅 敦子

役職 部長
専門分野 日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、日本内科学会総合内科専門医

震明 あすか

役職 医員
専門分野 日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定内科医

病院情報の公表

看護部

小児科救急診療

健診センター

地域医療連携

臨床研修

ピックアップ

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。