産婦人科

病院設立の理念を守り、親身の診療を心がけています。伝統的に地元住民の信頼は厚く、また看護師・助産師が優しいと評判です。このため、親子2代当院で出産される方もしばしばいらっしゃいます。産婦人科の全疾患の診療を扱っていますが、体外受精は行っていません。

スタッフの紹介

  医師名 専門分野
部長 小泉 佳男 感染症・全般
副部長 江口 勝雄 周産期・全般
主任 島内 昌仁 不妊・全般
医員 兵藤 博恵 周産期・更年期・内視鏡・全般
医員 須江 英子 全般
医員 杉山 奈王美 全般
医員 [非常勤] 磯野 聡子 周産期・更年期・ホルモン
部長 小泉佳男
昭和60年卒、医学博士、東京大学医学部非常勤講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医
専門:産婦人科感染症(産科感染症、性行為感染症)
副部長 江口勝雄
昭和59年卒、日本産科婦人科学会専門医
専門:周産期
主任 島内昌仁
昭和61年卒、医学博士、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医
専門:不妊症
医師 兵藤博恵
平成6年卒、医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本ドック学会認定医、日本超音波医学会専門医、産業医、日本周産期・新生児学会新生児蘇生法専門修了
専門:周産期、超音波(出生前診断)
医師 須江英子
平成19年卒 日本産科婦人科学会専門医
医師 杉山奈王美
平成23年卒
医師 磯野聡子(非常勤)
昭和56年卒、医学博士、東京女子医科大学非常勤講師、日本産科婦人科学会専門医
専門:周産期、婦人科一般

当科の特徴

婦人科診療では婦人科疾患の全般を網羅しており、子宮および卵巣の腫瘍性疾患(良性、悪性)、月経異常、不妊症、更年期症候群、性器脱、避妊相談その他、若年層から高齢者まで全年齢の疾患に対して治療を行っております。良性腫瘍の手術には開腹術以外に腹腔鏡や子宮鏡などの内視鏡的手術も行っております。なお、不妊治療に関しては体外受精に代表されるような高度な治療は行っておらず、人工授精までとしています。そこで近隣の不妊専門クリニックや大学病院の不妊外来と連携することで対応しております。
産科領域では、原則的には医療ができるだけ介入しない自然な分娩を目指していますが、分娩監視装置による胎児監視は、一時的には全例に行っています。陣痛誘発や促進は、医療側の都合では決して行いませんが、患者様にとって必要と判断した場合は、患者様にその危険性と利点をよく説明し了承を得た上で、使用することがあります。医療の進歩により母体・新生児の死亡は激減しており、安全なお産をしていただくために、何が何でも自然分娩とは考えていません。妊婦さんのご希望になるべく添いながら、安全なお産を目指します。分娩時には、助産婦・医師が立ち会います。夜間、休日も産婦人科当直医が1名おりますので、ご安心下さい。また、当直医以外でも常に何名かは待機していますので、緊急帝王切開にも対応しています。なお、2,000 グラム以下の新生児や重症な新生児はしかるべき施設に転院となることがあります。

平成25年9月に産婦人科病棟を改装しました。
床や壁の配色を工夫し病棟全体が明るくなりました。
陣痛待機、分娩、分娩後回復を一体化した分娩室(LDR)を2室用意し、室内にはご家族が待機できる和室も併設し、ゆったりとしたスペースになっております。その他、見通しの良い新生児室、パウダールーム、面会用ロビーの拡張等、アメニティーの充実に努めました。実際、当院でお産された方々にはご好評を得ております。
そして産後退院前の夕飯にはお祝い膳(一般食とは内容の異なる)を褥婦さんにお出ししています。
妊婦健診では医師と助産師・看護師が連携して診療にあたっております。
当院では特に妊婦さんが胎児の発育を肌で感じていただけるように毎回超音波検査を行い、丁寧に説明しております。また3Dエコーも導入しており、希望者には有料ではありますが、予約制をとって十分な時間をかけて3D画像を提供しております。平面的でなく立体感がある赤ちゃんの姿は感動的であり、大変好評を得ております。
妊娠中の検査として出生前診断(クアトロテスト、羊水検査)を行っておりますので、ご希望の方は申し出てください。
さらに当院では通常の外来妊婦健診以外に母親学級 両親学級 バースプラン マタニティーヨガ教室 産後の授乳および沐浴指導 退院後もベビーマッサージ 乳房ケア等を行い、安心した妊娠および産褥生活の手助けを提供させていただいております。

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。