平成30年度 社会福祉法人同愛記念病院財団同愛記念病院 臨床指標

◆臨床指標(クリニカルインディケーター)とは、病院の様々な機能を適切な指標を用いて表したものであり、これを分析し、改善することにより医療サービスの質の向上を図ることを目的とするものです。
◆平成28年度の診療報酬改正では、DPC制度(診断群分類による1日当たりの定額報酬制度)(注1*
 に基づいたDPCデー タを公表することが義務付けられております。
   (注1)DPC(診断群分類別包括制度)は、DPC(Diagnosis Procedure Combination)の略で、
     医師が決定した主病名に基づき、入院患者さんの一連の医療行為を、国で定めた
     1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。
◆指標の主な定義
 ・平成30年度(平成30年4月~令和1年3月)に当院の一般病棟を退院された患者さんのデータが対象になります。
 ・厚生労働省へ提出しているDPCデータを基に作成しております。
 ・10未満の数値の場合は、-(ハイフン) を記入しています。(患者さんが特定される可能性があるためです。)
 ・DPC臨床指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております(補足1*)。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  4. 4成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および術前・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 834 239 324 394 566 799 1477 2280 1603 387
平成30年度のDPC対象の全退院患者数は8,903人と前年度比100人増加でした。当院の入院患者さんは,60歳以上の占める割合が全体の65%と高く,前年度と比較して288人(+5%)の増加となっております。60から70 歳代では,狭心症などの虚血性心疾患や泌尿器科領域での炎症性・腫瘍性疾患,変形性関節症や骨折例が多く,80歳代以降では誤嚥性肺炎などの下気道炎症性疾患や心不全疾患が主体となっております。平成30年度は特に、狭心症や慢性虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成手術症例、内視鏡的大腸ポリープ症例が著しく増加していました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 15 35.27 20.83 20.00% 83.27
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 12 67.08 17.71 8.33% 89.58
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2-なし - 16.00 6.03 14.29% 76.57
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし - 2.33 - -
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - 35.17 15.12 - -
当科は、脳血管疾患後遺症・心不全・肺炎等、合併症を多く抱える患者さんが多く、疾患分類も多岐にわたります。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 33 19.91 19.65 0.00% 73.30
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 30 9.20 6.32 0.00% 57.93
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 28 12.11 13.51 3.57% 83.18
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 22 2.05 3.59 0.00% 68.36
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 22 12.14 15.12 0.00% 83.27
【間質性肺炎】
喫煙・大気汚染など様々な要因により、肺の構造物(スポンジ状の組織)に慢性の炎症が生じ、その結果肺組織が緩徐に硬くなっていく原因不明の疾患です。以前は稀な疾患でしたが、近年は国内に約11万人の患者さんがいるのではないかと推測されています。病気が進行すると労作時息切れが生じます。そのため酸素ボンベが自宅に必要となる患者さんもおられます(在宅酸素療法)。現時点で有効な治療薬はなく、進行を遅らせるお薬(=抗線維化薬)があるのみです。当院では個々の患者さんのご病状に合わせて薬剤投与や酸素療法など適切な治療介入を導入することにより、患者さんの生活の質の向上に努めております。

【喘息】
気管支の内壁にアレルギー性の炎症が生じてその結果気道が狭くなり呼吸困難などを来す疾患です。発症年齢は小児から高齢者まで幅広く、国内には数百万人の患者さんがいるものと推定されています。適切な治療を行わずに放置しておくと、気道炎症が遷延して次第に呼吸機能が低下してしまいます。適切な抗炎症治療としての吸入ステロイド薬や気管支拡張薬・ロイコトリエン拮抗薬・テオフィリン薬などを 組み合わせて治療することで、良好なコントロールの実現が可能です。

【誤嚥性肺炎】
嚥下機能が衰えた高齢者や、脳血管障害などで嚥下筋に障害がある患者さんなどに起きる肺炎です。食事の際に食物をむせてしまい、その結果異物が入った肺に炎症が起こります。近年の高齢化社会の中で著しく増加している疾患です。治療は主として抗生物質の投与であり、必要に応じて酸素吸入などを行います。当院では地域の基幹病院として、近隣にご在住の誤嚥性肺炎の患者さんは積極的に受け入れております。治療後にご病状が落ち着きましたら、誤嚥の再発防止策を行い自宅(訪問診療)・老人ホームなどの施設へとお戻りいただく手伝いをさせていただきます。

【悪性腫瘍】
喫煙・大気汚染など様々な要因により、肺に生じる悪性の腫瘍(=がん)です。高齢化社会とともに患者数が増えており、現在発症・死亡ともに日本人で最も多いがんです。初期は無症状のことが多いので、早期発見には胸部レントゲンなどによる定期検診が重要です。病気が進行すると、咳嗽・血痰・呼吸困難や転移した臓器に基づく症状(例:骨転移による疼痛など)が生じます。治療法には手術・放射線治療・化学療法(抗がん剤)があります。当院には呼吸器外科がありませんので手術が可能な症例は近隣の病院に紹介しております。手術以外の治療は当院での施行が可能です。個々の患者さんのご病状に合わせて適切な治療介入を導入することにより、患者さんの生活の質の向上に努めております。

【肺炎】
肺炎は、若年者から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが罹患されています。 主として、空気中に漂う病原菌が呼吸により偶発的に肺内に吸い込まれることにより感染が成立します。 高齢化社会の到来とともに、高齢者の死因として現在も増加傾向にあります。治療は、抗生物質の点滴が中心となります。低酸素が認められる際には酸素吸入も行われます。当院では、受診当日に予約なしですぐに胸部CTが撮影できます。加えて喀痰の顕微鏡検査なども当日中に速やかに行うことができますので、迅速に診断して治療を開始することが可能です。そのため、平均在院日数は全国平均を下回っています。また、65歳以上の高齢者を対象に肺炎球菌ワクチンの予防接種も行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1-あり 384 1.03 2.20 0.00% 73.30
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1-なし 118 1.03 2.54 0.00% 57.93
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 86 6.81 6.18 5.81% 83.18
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 51 5.59 5.94 0.00% 68.36
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 37 5.16 6.32 2.70% 83.27
1.食物アレルギー
食物アレルギーの確定診断は食物経口負荷試験によりますが、危険性の高い場合は入院して検査を行います。経口負荷試験は、アレルギー診療に十分な経験を持っている医師のもとでの実施が求められていること、また「アレルギー疾患対策基本法」に基づき平成30年11月に当科が「東京都アレルギー疾患医療専門病院」に指定されたことから、今年度も入院数が増加しています。現在「小児食物アレルギー負荷検査」は、9歳未満の患者に対して年2回に限り1回1000点算定、入院で行った場合はDPCで日帰りでも1泊でも同じ3484点が算定されています。平成29年度までは9歳未満、年に2回までの入院については「短期滞在手術等基本料3(6000点)」で算定されていましたが、平成30年度改定により「処置あり」=9歳未満で年2回まで384件、「処置なし」=9歳以上または年に3回以上が118件とDPC算定方法の改定があったため、昨年と大きく件数が増加しています。

2.妊娠期間短縮、低出生体重に関する障害
妊娠期間37週未満の早産児、出生時体重2500g未満の低出生体重児、糖尿病や甲状腺疾患合併妊娠など新生児に障害を起こす危険性の高い分娩(ハイリスク分娩)で出生した新生児は、新生児仮死、低血糖、呼吸障害、病的黄疸などが生じやすいため小児科入院として管理しています。平成30年度は中等症~重症の新生児を地域周産期センター(NICU)へ転院搬送する件数も増加し平成30年度の転院率は5.81%でした。

3.下気道感染症(急性気管支炎、肺炎等)
細菌、ウイルス、マイコプラズマなどの病原体が気管支や肺に感染し炎症を起こす病気です。近年、予防接種の普及により下気道感染症の患者数は減少傾向にありますが、平成30年度は春から夏にかけての乳幼児のRSウイルス感染が増加し43例から51件へ増加しました。

4.喘息
喘息発作による入院件数は診療ガイドラインの普及や長期管理薬の進歩などにより減少傾向にありますが、平成30年度も前年度からほぼ横ばいでした。平均年齢は前年度3.57歳から今年度4.14歳と大きな変化はありませんが若干上昇しており、学童から思春期の喘息管理が重要と考えられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 151 2.39 2.68 0.00% 70.89
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 86 4.77 5.15 0.00% 70.17
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし 79 4.00 4.38 0.00% 66.08
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし 77 4.10 4.47 0.00% 68.10
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 45 7.13 7.40 0.00% 57.51
当科が扱う疾患は、ヘルニア、胆石症などの良性疾患から大腸癌、胃癌、食道癌、乳がんな どの悪性疾患まで幅広く、対象とする臓器は大腸、小腸、胃、食道、肝臓、胆嚢、膵臓、乳腺、肛門疾患と広範囲にわたっています。手術の特徴としては、低侵襲手術としての腹腔鏡 手術や内視鏡手術を積極的に行っています。また、手術前後の化学療法、放射線治療も行っ ており、根治的手術の達成と再発リスクの減少、予後の延長を目指しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 96 14.35 11.41 1.04% 14.35
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 88 19.97 23.14 1.14% 19.97
070050xx97xxxx 肩関節炎、肩の障害(その他) 手術あり 87 27.52 24.86 0.00% 27.52
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 83 23.07 25.09 1.20% 23.07
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 44 24.70 19.87 0.00% 24.70
当科では膝前十字靭帯損傷に対する関節鏡下靭帯再建術、変形性股関節症に対する人工股関節置換術、変形性膝関節症に対しての人工膝関節置換術を数多く行っています。サッカー、ラグビーや柔道選手では、しばしば膝前十字靭帯を損傷したことで競技人生が送れなくなってしまうケースがあります。このような患者さんに対しては、関節鏡下に靭帯を低侵襲で再建することにより膝関節が安定し、競技復帰が可能と なります。さらにスポーツ選手には手術後のリハビリテーション計画をしっかり立て、競技復帰まで細かいケアを行っています。股関節の軟骨がすり減り、股関節を構成する骨にも変形が生じると、痛みのため歩行が困難となり日常生活にも支障をきたし ます。人工股関節置換術を行うことにより痛みから解放され、股関節の動きもよくなり、痛みなく歩行可能となります。膝関節の軟骨がすり減って変形が著明となり歩行困難となる変形性膝関節症に対しても、人工膝関節置換術を行うことにより膝関節の変形 が改善し、痛みなく歩行可能となります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
070071xx97xx0x 骨髄炎(上肢以外) 手術あり 定義副傷病なし - 41.67 - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2-なし - 16.88 25.98 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし
- 3.75 5.80 - -
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 - 3.00 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)
鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
- 3.71 5.60 - -
当科では、体表面の外傷、潰瘍、腫瘍など幅広く治療しています。主病名では糖尿病・虚血による壊死性筋膜炎・足潰瘍が実際には最多ですが、DPCコードでは細分化されるため、糖尿病性足病変、骨髄炎で分類されています。その他、脂肪腫などの骨軟部良性腫瘍、鼻骨骨折などが上位になります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
120140xxxxxxxx 流産 51 2.02 2.43 0.00% 33.18
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 23 10.35 9.91 0.00% 42.52
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 23 10.96 20.41 30.43% 33.96
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 19 3.00 5.93 0.00% 34.00
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 11 15.64 12.02 0.00% 32.36
流産は全妊娠中の約1.4%に及び今年度患者数も最多でした。子宮良性腫瘍は子宮筋腫や子 宮内膜症があげられます。妊娠中、切迫早産になった場合入院、点滴療法を要する場合があり、入院期間は数週間に及ぶこともあります。妊娠中、対象になった妊婦さんに対してブドウ糖負荷試験を行い妊娠糖尿病と診断された場合は、一日の血糖値変動の観察および 栄養指導目的で教育、検査入院になります。血糖値によって食事療法かインスリン療法かを決定します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 111 1.54 2.85 0.00% 78.35
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - 7.00 8.46 - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
当科では、眼表面の角結膜疾患、白内障、緑内障、虹彩炎・ぶどう膜炎を始め、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性等の眼底疾患に対して幅広く診察と治療を行なっています。その中で最も多い疾患は白内障で、手術を受ける方のみ入院して頂いています。。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 44 4.52 5.48 0.00% 36.77
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 29 6.45 7.22 0.00% 34.72
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 4.11 5.15 3.70% 60.85
030428xxxxxxxx 突発性難聴 17 9.06 9.18 0.00% 58.24
030300xx99xxxx 声帯の疾患(その他) 手術なし 17 5.53 5.64 0.00% 57.18
急性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍、平衡機能障害(めまい)などでは、時に起立困難や経口摂取困難な状況から脱水を伴い、救急搬送や近医からの入院要請による緊急入院患者さんが多くを占めます。急性扁桃炎は扁桃腺の細菌やウイルスによる炎症疾患であり、細菌感染の多くは通院での内服加療で治癒しますが、内服薬では効果が得られず、咽頭部痛や発熱が増悪する例、ウイルス感染のため症状の緩和のみの治療とならざるを得ず、経口摂取不良からの脱水をきたした例、咽喉頭の浮腫を伴い呼吸苦を伴う例では、入院加療が必要となります。また、扁桃腺の周りに膿がたまり、開口障害や嚥下障害、呼吸苦を伴う扁桃周囲膿瘍では、入院の上、外科的処置(切開排膿術)を要します。一方、めまいには内耳性めまいの他、脳梗塞や脳出血などの頭蓋内疾患、不整脈や出血に伴う貧血などの緊急性を要する病態もあり、それらとの鑑別や他科との連携が必要です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 88 11.41 0.00% 63.83
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 77 7.90 8.95 1.30% 67.53
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 14 4.79 4.14 0.00% 48.93
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1-なし 11 16.64 10.89 0.00% 56.09
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし - 6.00 8.50 - -
当科ではほぼすべての皮膚疾患に対応しております。蜂窩織炎や丹毒などの急性膿皮症、あるいは顔面頸部発症の帯状疱疹などの場合は入院加療としています。皮膚腫瘍は出血の可能性が高い部位、切除面積が大きい場合などでは入院の上切除を行い、創部の状態が安定してから退院いただいています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし 241 4.48 5.75 0.00% 58.57
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし 169 3.11 0.00% 69.54
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 106 7.39 7.64 0.00% 72.44
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 71 3.24 1.41% 74.59
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 71 7.62 11.31 0.00% 73.63
当科の症例で最も多いのは尿路結石に対する内視鏡治療です。主にレーザーを用いた破砕とバスケット鉗子による抽石を行って閉塞を解除する治療です。2番目は前立腺がんに対するロボット支援手術や化学療法です。3番目は膀胱がんに対する内視鏡手術やロボット支援手術です。4番目は尿路の結石や感染で激痛や腎機能障害をきたす水腎症に対して尿路ステントを挿入する治療です。5番目は膀胱がんに対する抗がん剤や放射線、免疫チェックポイント阻害薬による集学的な治療です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 218 3.35 4.62 0.00% 68.90
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 158 3.08 3.03 0.63% 66.07
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 129 15.25 17.71 3.10% 81.43
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 92 3.23 3.19 0.00% 70.26
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 81 8.17 12.72 1.23% 65.91
心臓は、全身に血液を循環させるポンプの働きをしている臓器です。狭心症や心筋梗塞では、心臓に栄養や酸素を供給している冠動脈という血管が動脈硬化により狭窄(血管が狭くなる)や閉塞(血管が詰まる)を起こして血液の流れが悪くなり、心臓に栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる疾患です。狭心症は、心臓の筋肉の血流不足によって胸苦しさや息苦しさが出現し、そして心臓の筋肉に血流が行かなくなった状態が急性心筋梗塞であり、心臓のポンプ機能が低下し、命に関わる危険な疾患で緊急治療が必要です。当院は、東京都CCUネットワーク加盟施設として24時間体制で狭心症や急性心筋梗塞に対するカテーテル検査や治療を行っております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 24 6.88 12.23 4.17% 65.79
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 21 4.19 8.50 0.00% 66.71
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病なし 16 9.69 14.55 0.00% 62.56
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 14 3.79 10.05 0.00% 76.14
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 13 10.92 14.30 7.69% 80.15
当科に入院する症例は慢性腎臓病を基礎疾患に持つ患者さんが合併症を発症(感染症など)してしまったために入院となるもの、または腎機能障害が進行して血液透析が必要となった症例に対して血液透析用の内シャントを造設したり、適切な時期に血液透析を導入したりする目的に入院する症例がメインとなっています。また何らかの理由により突然腎機能が低下してしまう(急性腎障害)症例に対しても当科で入院加療を行い原因検索、腎機能障害の改善を図っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 22 43.18 40.97 4.55% 75.55
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 19 16.00 21.28 0.00% 75.79
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 18 19.11 16.48 5.56% 69.89
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2-5あり 14 42.36 24.70 0.00% 66.36
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2-4あり 13 10.92 10.60 0.00% 84.00
当科で一番多いのは急性白血病の化学療法です。無菌室を利用することも多い治療です。2番目は輸血を必要とする骨髄異形成症候群の治療です。脱メチル化剤の皮下注射による治療や輸血による支持療法を行います。3番目は悪性リンパ腫の化学療法です。4番目は多発性骨髄腫の化学療法です。新薬による治療の選択肢が増えています。5番目は輸血を必要としない骨髄異形成症候群の治療です。骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫では、初回治療を入院で行った後、可能であれば2回目以降は外来治療に繋げます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 191 2.17 2.68 0.00% 65.52
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 50 7.82 10.61 4.00% 75.92
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 7.00 7.87 0.00% 68.24
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病あり 25 3.16 5.39 0.00% 75.60
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 24 4.13 0.00% 46.54
当科の入院症例で最も多いのは下部消化管ポリープ(腺腫、良性疾患)で、内視鏡を用いたポリープ・粘膜切除術を積極的に行っています。外科的切除手術に至る前に早期発見し低侵襲治療を行うことが目的で、在院日数の短縮も図っています。2番目に多いのは、胆管結石やそれに伴う胆管炎での入院です。やはり低侵襲な内視鏡的検査(内視鏡的逆行性胆管造影/ERCP)や内視鏡的乳頭切開術(EST)やバルーン拡張術(EPBD)を主に行っています。3番目は、結腸憩室に起因した炎症・出血等です。重症化し腸管穿孔等で外科手術に至る前に保存的治療を行ったり、内視鏡を用いた止血術を行ったりします。概ね1週間の入院日数となっています。4番目は、先述した下部消化管ポリープで何らかの合併疾患を持ち、例えば抗血栓薬休薬や変更下に内視鏡的治療を行う症例です。副傷病のない場合に比べ若干在院日数が延びています。次に、ウイルス性及びその他の感染性腸炎での入院も多くあり、腸管安静・補液等の保存的治療が主に行われます。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス掲載の有無
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病あり 25 13.12 15.87 0.00% 69.64
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病あり 14 11.14 15.63 0.00% 68.07
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病あり 10 10.90 11.90 0.00% 62.00
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - 12.14 13.57 - -
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし - 4.33 - -
当科では2型糖尿病患者さんの教育入院、血糖コントロール目的の入院が圧倒的に多くなっております。他にも1型糖尿病や妊娠糖尿病などあらゆるタイプの糖尿病の入院診療に対応しており、また数は多くないもののケトアシドーシス、シックデイなど急性合併症で入院される方も毎年おられます。さらに副腎疾患の内分泌検査のための入院も増加してきております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明 再発 病期分類基準 版数
胃癌 18 - 14 - 15 22 1 7
大腸癌 36 23 93 71 - 162 1 7
乳癌 - - 15 - 0 16 1 7
肺癌 - - 13 20 - - 1 7
肝癌 - 10 - - - - 1 7
5大がんの中では大腸がんや胃がんなどの消化器がんが大半であり、前年度と比較して大腸がんが162人と前年比30%増となっております。病気ではStageⅢ・Ⅳの進行がんが7割強を占めています。手術・抗がん剤・放射線治療等、集学的治療を行うと共に、低侵襲性手術としての腹腔鏡下手術や内視鏡治療を積極的に行うことで在院日数を短縮し、その上で再発リスク減少を目指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
重症度 件数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 10.38 52.84
重症 45 22.82 84.29
中等症 185 17.26 79.16
超重症 13 15.85 75.85
不明 0 0.00 0.00
症例数では中等症を示す割合が多く,全体の 66%を占めております。前 年度と比較すると総患者数は280人と前年比15%増となっており、軽症から超重症のすべての重症度において増加しております。平均年齢は,軽症では53歳,中等症は79 歳,重症は84歳となっており,成人市中肺炎の高齢になるほど重症化し易い傾向は変わりません。平均在院日数は,肺炎重症度のみならず合併症等の背景因子も影響しますが,今年度では,10~23日となっており、前年度と同等でした。
治療は急性呼吸不全の管理,適切な抗菌薬投与が中心です。重症例では酸素呼吸や人工呼吸 管理(人工呼吸器,NPPV,ネイザル・ハイフロー等)が必要となることもあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
3日以内 10 16.4 80.9 14.29%
その他 - - 22.25 -
平成30年度脳虚血性疾患は,脳梗塞が10数名となっております。当院では神経内科医の常勤医が不在であるため,脳梗塞等の診断後は速やかに脳血管内治療専門医の常駐する基幹病院との連携をはかり,対応しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 1.00 50.60 - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 22.25 62.75 - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 36.50 34.75 - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - 28.50 43.50 - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - 10.00 35.00 - -
当科は、脳血管疾患後遺症・心不全・肺炎等、合併症を多く抱える患者さんが多く、必要とする手術処置も多岐にわたっています。
アレルギー科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 31.80 27.00 - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 4.00 18.00 - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 28.50 49.50 - -
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - 17.00 15.00 - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - 7.00 8.00 - -
【胃ろう増設術】
高齢・脳血管障害・パーキンソン病などが原因で食べたものをむせてしまう患者さんに、十分な栄養を補給させていただくために選択することがある手術です。胃カメラにて胃の場所を確認後に腹壁の皮膚を消毒・局所麻酔して専用の管を体外から胃の中まで通します。これで液体状の栄養剤を胃まで流し込むことができます。誤嚥性肺炎の予防効果も期待できますが、最近は延命治療の一環として必要性の有無を十分に検討してから行われる傾向にあります。

【内視鏡的胆道ステント留置術】
何らかの理由で胆管の流れが悪くなった患者さんに対して内視鏡を用いて狭窄部位に専用のチューブ状のステントと呼ばれる器具を差し込む治療法です。これにより胆道の流れが再開され、黄疸などの症状が緩和されます。開腹手術ではないので患者さんの肉体的負担も軽いです。

【中心静脈埋め込み型カテーテル設置】
人工呼吸器を必要とするような呼吸不全の患者さんなどに長期に経口にて食事が摂れない場合に、静脈内に高カロリーの点滴(輸液)をする際に行う処置です。左右どちらかの鎖骨の下の皮下に小さなボタン型の装置を埋め込みます。点滴の針はその部分から挿入します。肺がんの治療などで定期的に抗がん剤の点滴が必要な場合にも用いられることがあります。腕などからの点滴に比べて患者さんの負担が少なく良好なQOL(生活の質)が期待できます。

【経皮的心肺補助法】
何らかの原因で心臓のポンプ機能が低下した患者さんのために大腿部の付け根から特殊なチューブを挿入して大動脈に留置して心臓を補助することをいいます。特殊なチューブ(=IABPカテーテル)の先にはバルーン(=風船)がついており、心拍に歩調をとって膨らんだりしぼんだりすることで効果を発揮します。しかしながら、本法はあくまで一時的に心臓の機能を補助するものであり、根本的な治療は心臓そのものを治すことにあります。

【鼻腔粘膜焼灼術】
アレルギー性鼻炎などで鼻水・鼻づまりがひどい患者さんに行われることがある治療法です。鼻腔内の特定の部位をレーザー光線で焼くことにより、ひどい鼻水や鼻づまりが解消します。大きな手術ではないので日帰りでも可能で、患者さんの肉体的負担も軽いです。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K7211 内視鏡的大腸・結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 164 0.48 1.09 0.00% 71.24
K6335 鼠径ヘルニア手術 88 1.34 2.42 0.00% 68.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 2.31 4.49 0.00% 59.16
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈・静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 36 5.75 4.53 2.78% 66.86
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.96 3.48 0.00% 36.61
腹腔鏡手術は、腹部に5~12mmの穴を数か所開けて、そこから腹腔鏡カメラや鉗子などの手術器具を挿入し、モニターに映し出される腹腔内の画像を見ながら治療を行う手術です。切除した病変は、臍の創を3-4cm程度に広げ、同部位から摘出します。腹腔鏡手術は通常の開腹手術と比較して、患者にとって、術後疼痛などの身体的負担が少なく、創も小さく、回復も早い、低侵襲な手術治療です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K0821 人工関節置換術(肩)(膝)(股) 200 2.25 19.34 1.00% 71.67
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 94 1.57 24.07 0.00% 66.62
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 81 1.01 12.77 0.00% 24.41
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)(下腿) 79 1.08 2.64 0.00% 42.04
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨)(前腕)(下腿) 56 1.98 5.88 0.00% 46.98
股関節の軟骨がすり減り、股関節を構成する骨にも変形が生じると、痛みのため歩行が困難となり日常生活にも支障をきたします。人工股関節置換術を行うことにより痛みから解放され、股関節の動きもよくなり、痛みなく歩行可能となります。膝関節の軟骨がすり減って変形が著明となり歩行困難となる変形性膝関節症に対しても、人工膝関節置換術を行うことにより膝関節の変形が改善し、痛みなく歩行可能となります。肩の障害では肩腱板断裂が多くみられます。関節鏡下での低侵襲手術により断裂した腱板を修復すると、肩周囲の痛みが消退し、腕がスムーズに上がるようになります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(上腕)(肩)(躯幹) - 1.00 2.18 - -
K0503 腐骨摘出術(足その他) - 4.88 62.75 - -
K617-2 大伏在静脈抜去術 - 1.00 1.00 - -
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指) - 3.83 21.67 - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - 0.83 2.00 - -
当科は体表の疾患に対し幅広くおこなっていますが、小手術は外来日帰りで行うことが多いため、入院手術は麻酔科管理が必要な脂肪腫などの骨軟部良性腫瘍切除、糖尿病・虚血による足潰瘍に関連する足切断術、腐骨摘出術、植皮術が上位になります。なお、下肢静脈瘤手術は、現在は循環器科で血管内焼灼治療を行っているため、当科では潰瘍や広範の血栓血管炎などデブリードマンが必要な場合に行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K9091ロ 流産手術(妊娠11週まで)(その他) 35 0.86 0.17 0.00% 33.26
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 35 0.86 0.17 0.00% 34.17
K861 子宮内膜掻爬術 16 0.94 0.56 0.00% 38.75
K877 子宮全摘術 13 1.54 8.62 0.00% 46.77
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 11 0.91 8.18 0.00% 38.18
手術別患者数においては帝王切開が例年最も多く、年間分娩件数の1割程度を占めておりますが、平成30年度診療科別主要手術別患者数等からは除外されたため、例年とは異なり上位5位には含まれておりません。緊急帝王切開術にも即座に対応できるように産科医師、麻酔科医師、手術室看 護師の体制を整えております。統計方法の変更にともない、最多手術件数を示したのが、例年どおり帝王切開術の次に多い流産手術で、子宮全摘術、子宮筋腫摘出術がこれに続きます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 109 0.00 0.55 0.00% 78.21
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - 0.00 0.00 - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) - 0.00 0.00 - -
- - - - - -
- - - - - -
当科では、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する)が最も多い手術となっています。局所麻酔下にて、超音波を用いた手術器械を2.4mmの小さな創口から眼内に入れ、水晶体を粉砕吸引した後、眼内レンズを挿入します。日帰り(一日入院)または一泊入院で手術を行なっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.00 5.93 0.00% 17.67
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 28 0.32 4.79 0.00% 35.04
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - 1.22 2.67 - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - 1.40 3.00 - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - 1.00 3.00 - -
当科の特色として扁桃周囲膿瘍での入院加療(緊急入院)を目的とした紹介受診が多く、このため扁桃周囲膿瘍切開術の件数が多い傾向にあります。また、急性扁桃炎にて入院加療が必要となるケースも多く、扁桃炎を繰り返す例や、扁桃肥大に起因する小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群や鼾に対して、手術適応を検討した上で口蓋扁桃摘出術を行っております。また、鼻副鼻腔疾患、特に慢性副鼻腔炎や副鼻腔真菌症などに対しては、安全かつ効率的に手術を行うため、内視鏡下での操作(内視鏡下鼻副鼻腔手術)を行っております。術後の鼻内のガーゼ抜去に伴う疼痛を軽減すべく、医療用材を工夫しております。術後入院期間は、3日前後と短縮しております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 12 0.17 4.17 0.00% 74.92
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - 0.20 3.80 - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - 0.00 3.40 - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - 0.00 2.00 - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 0.00 3.33 - -
当科では皮膚腫瘍に対して視診およびダーモスコピーによる観察を行い、必要に応じて画像診断を行なった上で手術を行なっています。光線角化症、Bowen病、有棘細胞癌、基底細胞上皮癌などが疑われた場合、皮膚生検を施行して病理学的診断をつけたのち切除範囲を決定しています。顔面や頭部などの腫瘍切除の場合に入院を勧めています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 254 1.36 2.69 0.39% 59.31
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 161 0.66 3.18 1.86% 68.99
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 145 1.23 5.29 0.00% 72.41
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 67 1.18 10.97 1.49% 69.16
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 45 1.44 8.47 0.00% 72.67
当科の手術で最も多いのは尿路結石に対して内視鏡を用いたレーザー、超音波、体外衝撃波を用いた結石破砕術です。2番目は主に尿路結石や尿路感染、悪性腫瘍等により尿路が閉塞し腎機能が悪化した水腎症に対して尿路にステントを留置する治療です。3番目は膀胱がんに対する内視鏡切除術で、光デジタルによる画像強調観察技術(NBI)を用いた合併症の少ない生理食塩水下での治療です。4番目は手術支援ロボット ダビンチを用いた前立腺全摘除術です。5番目は前立腺肥大症に対する内視鏡治療で、レーザーによる核出、蒸散や電気メスによる切除や形状記憶合金製の尿道ステント留置などが行われています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 188 2.02 1.83 1.06% 70.37
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 118 1.95 5.63 2.54% 73.97
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 79 0.04 0.47 0.00% 71.24
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 63 0.00 13.89 3.17% 66.27
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 46 0.17 4.39 2.17% 66.37
狭心症や心筋梗塞では心臓に栄養や酸素を供給している冠動脈という血管が、動脈硬化により狭窄(血管が狭くなる)や閉塞(血管が詰まる)を起こして血液の流れが悪くなり、心臓に栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなります。治療は、この狭窄ないしは閉塞した動脈を再度広げ、十分な血流を回復させることが必要となります。また手や足の血管 が同様に狭窄や閉塞を起こして血流が悪くなることで,手足が痛くなったり、冷たくなったり、傷ができてしまう末梢動脈疾患や重症下肢虚血といった疾患も循環器領域の重要な疾患です。これらに対する治療として、手や足の付け根からカテーテルという管を挿入し、バルーンという風船で血管を拡張したり、ステントという金網を留置して血流を回復させる カテーテル治療を行っています。当院は狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療は年間約350件、下肢動脈に対するカテーテル治療は年間約144件であり、共に良好な治療成績を得ております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K610-3 内シャント設置術 30 8.47 8.40 0.00% 69.10
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 24 0.08 1.21 0.00% 75.96
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 6.00 12.00 - -
K596 体外ペースメーキング術 - 0.00 50.00 - -
- - - - - -
当科では血液透析の導入が必要になった症例に対して自己血管を用いた内シャント造設術を施行しております。また低心機能であったり、自己血管が退廃しているなどで自己血管による内シャント設置が困難である場合は、上腕動脈の表在化を行ったり、透析用の留置カテーテルを設置したりしています。またシャントの使用などでトラブルが生じたりした場合、狭窄した血管を拡張させる経皮的シャント拡張術、不要なシャントを閉鎖する血管結紮術などを施行したりしています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K0461 骨折観血的手術(大腿) - 21.33 63.67 - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - 4.00 3.00 - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 91.50 83.00 - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 34.00 58.50 - -
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植) - 9.00 45.50 - -
末梢血幹細胞移植(自家移植):白血球・赤血球・血小板の源となる細胞を造血幹細胞といいます。造血幹細胞は骨髄に存在し、血液中にはほとんど存在しません。化学療法後や顆粒球コロニー刺激因子という薬剤投与後に、造血幹細胞が血液中に増加します。血液成分分離装置を用いて血液から造血幹細胞を採取し、凍結保存します。悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の治療において、抗がん剤を大量投与した後に、凍結保存しておいた自己末梢血幹細胞を解凍し、輸注します。これを自家移植といいます。当院でも自家移植は可能であり、適応を考慮しつつ行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K7211 内視鏡的大腸・結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 189 0.24 1.03 0.00% 66.70
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 40 2.55 9.60 2.50% 79.23
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 26 1.00 1.38 0.00% 68.58
K6871 内視鏡的乳頭拡張術・内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 19 2.26 3.74 5.26% 70.47
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 14 0.79 5.21 0.00% 64.36
当科で最も多く施行された手術(処置)は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。病変の大きさが長径2cm未満のものが大多数を占めますが、2cm以上のものも多く施行しています。次に、総胆管結石等の良性疾患や胆管癌・膵癌等の悪性疾患のいずれにおいても胆道の閉塞に対して胆汁の流れ道を確保するための内視鏡的胆道ステント留置術を多く施行しています。続いて、同じく胆道の閉塞をきたす胆管結石に対する治療として、内視鏡的乳頭拡張術・乳頭切開術を行っています。これらは、いずれも上部・下部消化管内視鏡を用いた低侵襲治療に位置付けられています。5番目に多いのは、下部消化管出血に対して行う結腸内視鏡的止血術です。出血が多い場合、十分な輸液に加え輸血など的確な全身管理のもとに行われる緊急処置です。
糖尿内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス掲載の有無
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - 0.00 14.00 - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
当科単独での外科的治療は行っておりませんが、糖尿病の合併症として下肢の骨髄炎、壊疽、血栓症などで手術が必要になる患者さんは少なくなく、院内他科に依頼して手術を行うこともあります。心筋梗塞も糖尿病を合併していることが多く、膵臓疾患や大腸疾患も血糖値を上げる原因となることがあり、これらの病気の治療を同時に行うこともあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 DIC 同一 0 0.00%
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 24 0.27%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 78 0.88%
異なる - -
播種性血管内症候群は,感染症,悪性腫瘍,産科的疾患など,何らかの基礎疾患があって生じるが,平成 30 年度では発生率0.08%(前年度0.24%)と前年度の1/3以下に減少しております。その基礎疾患としては,尿路結石からの急性腎盂腎炎、胆石からの急性胆嚢炎、肺炎が挙げられます。
敗血症の発生率は0.37%で,前年の約3/4に減少しておりました。原因としは尿路感染症が約30%と多く,これらは予後良好でした。
その他の真菌感染症は,平成30年度も10名未満であり,上記一覧には記載がありません。
手術・処置等の合併症の発生率は0.96%と前年度から微増となっております。透析シャントの狭窄,人工関節置換術の緩みや脱臼、尿管回腸導管吻合部狭窄、冠動脈ステント留置後再狭窄といった経年的変化に対して入院加療を要した58 例(68%)が大半を占 めておりました 。
更新履歴
2019/10/01
平成30年度臨床指標
2018/10/01
平成29年度臨床指標
2017/09/29
平成28年度臨床指標
2016/09/30
平成27年度臨床指標