外科臨床研修プログラム

はじめに

卒後研修の2年間を有意義に使い、社会に貢献の出来る医師となるため、その根本となる、基本的な能力、技能、知識、態度、人格などを幅広く習得し、これを実行できる総合力のある臨床医となることが望まれる。

外科研修の到達目標

一般目標

プライマリー・ケアの基本的な診断能力を身につけて、医師としての人格を涵養し、幅広い研修を行う。

行動目標(医療人として必要な基本姿勢・態度)

  1. 患者・家族と良好な人間関係を確立し、適切なインフォームドコンセントで患者の同意と信頼を得た上で、患者・家族に適切な指示。指導をおこない、納得のいく医療を行う。
  2. 守秘義務を果たし、プライバシーを侵害しない配慮ができる。
  3. チーム医療に徹し、他の医師、医療機関のほかの職種のメンバー、病診連携や関係機関の担当者と適切なコミュニケーションが取れ正確な情報交換が出来る。
  4. 指導医、専門医に正確で適切なコンサルテーションができる。
  5. 患者の問題に対し、EBMに基づいた判断ができ、問題対応能力を養い、臨床研究、学術集会に関心を寄せ、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
  6. 医療をおこない際の安全確認につき、理解でき実行できる。
  7. 院内感染対策、医療事故安全対策、医の倫理・生命倫理などにつき理解でき、院内の各委員会のマニュアルに沿った行動ができる。
  8. 医療面接において、十分、患者の病歴の聴取と記録ができ、症例呈示ならびに討論ができる。
  9. 診療計画の作成ができ、診療ガイドライン、クリニカルパスの活用ができる。
  10. 緩和医療、在宅医療、在宅看護の重要性を理解し、患者サイドにたった総合的な管理計画を作成することができる。
  11. 医療の持つ社会性において、現行の保険医療制度を理解し、治療経費をふくめた、広い視野から適切な治療を行うことができる。

経験目標

  1. 経験すべき診療法・検査・手技
    1. 基本的な身体診察法
      理学的所見を見落とし無く記載できる。
      頭頚部、胸部、腹部の視診・触診・聴診、肛門直腸内診ができること。さらに四肢の診察ができ、神経学的所見が取れることが必須である。
    2. 基本的な臨床検査
      全身麻酔下のmajor surgeryを受ける患者の術前検査項目につき、結果を解釈でき、追加検査の必要性の有無を判断できること。血算、血液型判定、血液交差適合試験、動脈血ガス測定、ECG(12誘導)、腹部超音波検査は自ら実施し、結果の解釈ができること。
      1. 入院時術前検査項目
        血液型、感染症(HIV, Hbs-抗体, HCV抗原、梅毒)、血算、血液像、生化学血液検査、一般尿検査、腫瘍マーカー(CEA,AFP,CA19-9)。空腹時血糖値、血液凝固線溶系、肺機能検査、ECG、胸部。腹部単純X-Pは入院時検査としてセットされている。入院後、出血時間、動脈血ガス分析、Ccrをおこなう。
      2. 循環器系にリスクのある患者は必要に応じて、負荷心電図、UCG、CAGを追加し、専門医の指導の下に理解し解釈する。
      3. 消化器内視鏡検査(上部消化管、下部消化管、肝胆膵系)
      4. 超音波検査(腹部、甲状腺、乳腺)
      5. コンピューター断層写真
      6. MRI検査
      7. シンチグラム
      8. 血管造影検査
      9. 消化管造影X線検査
        C~Iの検査について、指導の下に理解できる。
    3. 基本的手技 下記の基本的手技の適応を決定し、実施することができる。
      1. 気管確保
      2. 人工呼吸
      3. 心マッサージ゙
      4. 気管挿管
      5. 除細動
      6. 注射法(皮内、皮下、筋肉)、静脈確保、中心静脈確保
      7. 採血法(静脈血、動脈血)
      8. 穿刺法(腰椎、胸腔、腹腔)
      9. 圧迫止血法、包帯法
      10. 導尿法
      11. 胃管の挿入、管理
      12. 局所麻酔法
      13. 簡単な切開
      14. 創部消毒、ガーゼ交換、ドレーン管理
      15. 軽度の外傷、熱傷の処置
    4. 医療記録
      1. 診療録の作成
      2. 処方箋・指示書の作成
      3. 診断書の作成
      4. 死亡診断書の作成
      5. CPCプレゼンテーションと抄録の作成
      6. 紹介状、医療情報提供書、報告書の作成
  2. 経験すべき症状・病態・疾患
    1. 頻度の高い症状(順不同)
      症状の訴えを経験し、鑑別診断して初期治療を的確に行う。
      1. 腹痛
      2. 嘔気、嘔吐
      3. 食欲不振
      4. 発熱
      5. 全身倦怠感
      6. 体重減少
      7. 胸やけ
      8. 便通異常
      9. 嚥下困難
      10. 吐血
      11. 下血
      12. 黄疸
      13. 腫瘍触知
      14. 嗄声
      15. 腹満
      16. 歩行困難、間歇的爬行
      17. 四肢疼痛、しびれ
    2. 緊急を要する症状・病態(初期治療に参加する)
      1. 心肺停止
      2. ショック
      3. 急性腹症
      4. 急性呼吸障害
      5. 急性消化管出血
      6. 外傷
      7. 熱傷
    3. 経験が求められる疾患・病態
      指導医の指導の下に、3ヶ月の外科研修の間に、major surgeryの手術症例について1例以上、症例レポートを提出すること。
      1. 食道
        食道癌、食道静脈瘤、アカラシア
      2. 胃・十二指腸
        胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、GIST、悪性リンパ腫
      3. 小腸・大腸
        癒着性イレウス、絞扼性イレウス、急性虫垂炎、大腸憩室炎、非特異性大腸炎、穿孔性腹膜炎、結腸癌
      4. 直腸・肛門
        直腸癌、直腸脱、痔核、痔瘻、裂肛、肛門ポリープ
      5. 肝・胆・膵
        肝癌(肝細胞癌、胆管細胞癌、転移性肝癌)、胆肝癌、胆嚢癌、膵癌、胆嚢結石、総胆管結石、胆嚢ポリープ、膵腫瘍、急性膵炎、慢性膵炎
      6. 乳腺・甲状腺・上皮小体・脾臓
        乳癌、甲状腺癌、甲状腺腫瘍、上皮小体機能亢進症、脾腫
      7. 腹壁・腹膜・横隔膜
        腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、食道裂孔ヘルニア

週間スケジュール

月曜日 外科手術日  
火曜日 08:20~09:00
術後症例検討会
16:30~18:20 部長総回診
水曜日 08:30~09:00
抄読会
外科手術日  
金曜日 08:20~09:00
術前症例検討会
外科手術日  
17:00~18:00 病棟入院患者検討会

定期的カンファランス

奇数月第4火曜日 18:30~19:30 外科・病理症例検討会
偶数月第3木曜日 19:30~21:00 外科・すみだ医師会手術症例検討会
(日本医師会生涯教育セミナー)

施設認定

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。