泌尿器科 後期臨床研修プログラム

経験目標

 当科での研修目的ひとつは泌尿器科専門医となるための基礎的知識および技術を身につけることにあります。
しかし、重要なのは一般病院で泌尿器科医師に求められることを1人でも確実に応えられるようになることです。
尿路性器の悪性疾患だけでなく尿路結石、前立腺肥大症と言った一般的な泌尿器科疾患の診断と治療にも重点を置き研修します。
当科の診療件数、診療設備、診療レベルは城東地区においてトップレベルにあり、経験する症例数も多いので比較的短期間で診断技術、手術手技も習得できます。
また、必要に応じ、東京大学医学部附属病院泌尿器科での研修も考慮します。

 

研修指導責任者:西松 寛明

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。