外科 後期臨床研修プログラム

目的

 外科医師としての基本的な技術手技及び知識を身につけ、日本外科学会専門医を取得することを目的としています。

施設認定学会

 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本大腸肛門学会、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設

研修プログラム

 3年間後期研修医として当院外科医局に所属し、消化器疾患(食道、胃、大腸、肝胆膵)、乳腺・内分泌疾患、血管外科(腹部大動脈瘤、下肢静脈瘤)症例の診断及び治療を経験します。
心臓外科、呼吸器外科、小児外科疾患に関しましては、他施設にて外科学会専門医取得に必要な症例数を経験できるよう配慮いたします。

 

当院外科後期臨床研修プログラムの特徴

 指導医とマンツーマンで日常臨床に従事するため、きめ細かな指導を仰ぐことができます。
手術症例に関しましては、体表外科(鼠径ヘルニア、乳腺外科、甲状腺疾患)は勿論のこと、消化器癌疾患のリンパ節郭清、血管処理、消化管吻合など基本的な外科手術手技を習得できるよう懇切丁寧に指導いたします。 また、基本技術習得後は、ラボなどでのトレーニングの後、腹腔鏡下手術(胆石症、大腸疾患)にも携わって行く方針を考えています。
検査に関しても、上部下部消化器内視鏡検査のトレーニングや、体表(乳腺、甲状腺)及び腹部超音波検査の技術習得を目標としています。
当院の研修プログラムでは、3年間で特定臓器に限らず幅広く多種類の症例を経験することが可能です。

 

研修指導責任者:前田 守

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。