腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術、子宮鏡手術のご案内

当院の産婦人科では、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医1名(日本産科婦人科内視鏡学会幹事、評議員)と5名の産婦人科医で腹腔鏡下手術に対応しております。
子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、異所性妊娠、不妊症などの婦人科良性疾患に対して腹腔鏡手術を行っております。特に、子宮内膜症を専門とし、子宮内膜症の臨床研究、基礎研究を幅広く行ってきた医師が担当いたします。

腹腔鏡下手術のメリット

腹腔鏡下手術は、カメラの解像度やモニターの高画質が当たり前になることで、急速にその精度が高くなってきました。

腹腔鏡下手術は、開腹手術に比較し、以下のようなメリットがあります。

  1. 手術の傷が小さく、開腹手術に比較し、美容面のメリットが大きいです。
  2. 術後の痛みが少ないです。
  3. 入院期間が短く、術後の社会復帰も早いです。
  4. 術後の癒着が少ない。
  5. 内視鏡で、病変部位の拡大視ができるため、繊細で的確な手術が可能となります。
腹腔鏡下手術のきずについて

良性疾患への腹腔鏡下手術

当院では、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、不妊症、異所性妊娠などの疾患を中心に、良性疾患に対して腹腔鏡、子宮鏡などの内視鏡下手術を行っています。
子宮筋腫や子宮内膜症を原因とする過多月経や月経困難症で困っている方、不妊症の患者さんや今後妊娠を希望している方など、それぞれの患者さんに合った治療法を選択します。特に、今後の妊娠を希望されている方や不妊症の方には、特に卵巣機能、子宮機能の温存に配慮しながら手術を行います。
しかしながら、安全な手術のために、病変が非常に大きい場合や、過去の手術歴や腹腔内感染などの内容により、腹腔症手術ではなく開腹手術をお勧めすることもあります。

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。