診療内容

5本の柱

一般循環器診療

高血圧、狭心症、不整脈、慢性心不全、心筋症、末梢動脈疾患、静脈疾患、肺血管疾患など循環器疾患全般にわたって診療を行っています。必要に応じて入院による検査・治療を行います。狭心症や末梢動脈疾患などのカテーテル検査(血管造影)についても年間1000件弱を施行しています(診療実績へ)。
※ 主に二次性高血圧や難治性高血圧を対象とし、一般的な高血圧症については近隣の開業医への紹介を行っています。

循環器救急疾患治療

急性心筋梗塞、急性心不全、重症不整脈、急性大動脈解離、急性肺血栓塞栓症、急性動脈閉塞などの循環器救急疾患を積極的に診療しています。当科の急性心筋梗塞の受け入れ患者数は都内でも有数であり(診療実績へ)、東京都CCUネットワーク加盟施設として東京都における循環器救急診療において重要な役割を果たしています。また、急性下肢動脈閉塞症や肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症の診療についても積極的に行っており、当科独自の侵襲の少ない方法で良好な成績をおさめています。

心血管カテーテル治療

狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療は年間300件超、下肢動脈に対するカテーテル治療は年間100件超を行っており、良好な成績をおさめています(診療実績へ)。徐脈性不整脈に対しては恒久的ペースメーカー植え込み術を形成外科と共同で行っています。頻脈性不整脈に対するカテーテル治療は日本医科大学循環器内科から派遣された専門チームによる治療が行われています。カテーテル治療は侵襲の少ない治療ではありますが、リスクのある治療でもありますので治療が必要かどうかの十分な非侵襲的な検査(リスクの少ない)と説明を行っています。

重症疾患集中治療

当科の特色の一つとして一般的な循環器診療だけではなく、重症敗血症(血液中に最近が侵入する重篤な感染症)や急性呼吸窮迫症候群(ARDS:重篤な状態の患者に発症する重症な呼吸不全)、重篤な心疾患を有する手術後の患者管理などを行っています。所属するスタッフのほとんどが日本医科大学集中治療室での勤務経験があります。

フットケアセンター

主に足の病気全般を形成外科とチームを組み、診療しています。当科が関わる足の病気は動脈硬化が原因の下肢動脈疾患です。とくに足の痛みや潰瘍、色調変化などを認めた場合はフットケアセンターを受診してください。緊急の場合(急激な足部の痛みや色調不良)には循環器科外来を受診あるいは救急車にて来院してください。

フットケアセンター