小児科臨床研修プログラム

一般目標

成長期にある小児の健康上の問題、疾患に特徴を把握する。扱う疾患は一般の急性、慢性の疾患、新生児固有の疾患、身体諸機能の障害、心因性疾患、行動発達の異常である。

乳幼児健康診査、予防接種の指導、疾病・障害の早期発見とそれらの予防につき理解を深める。

行動目標

小児科医の役割

小児科医は成長期にある小児の健康上の問題を全人的かつ家族、地域社会の一員として把握する。その扱う疾患は一般の急性・慢性の疾患、新生児固有の疾患、先天性あるいは遺伝性の疾患および身体諸機能の障害、心因性疾患、行動発達の異常である。また小児の健康保持とその増進および疾患・障害の早期発見とそれらの予防の役割を担う。さらに小児の健康には家族、特に母親の心身の健康に大きく依存することに鑑み、家族全体の健康も配慮する。

小児科医として到達すべき医師像

到達目標

  1. 基本的診断能力
    • 小児の正しい病歴の聴取が適切にできる。
    • 小児の正しい手技による診察ができる。
    • 問題を正しく把握し診断をつける。
    • 適切な治療計画を立てる。
  2. 基本的検査法
    適切に検査を選択・指示し、その結果を解釈できる。小児の正常値を理解する。(血液一般検査、生化学検査、内分泌学的検査、腎機能検査、細菌学的検査、単純X線検査、超音波検査、消化管造影、CT検査、血液ガス分析、心電図、肺機能検査、脳波検査、他)
  3. 診療技能
    身体測定、検温、血圧測定、各種注射(皮下、皮内、静脈注射、点滴注射)、採血、腰椎穿刺、酸素吸入、エアゾール吸入、胃チューブの挿入、臍肉芽腫の処置、包帯法、滅菌消毒法。
  4. 救急処置
    緊急を要する小児疾患に対して適切に対応できる。(けいれん、異物誤飲、事故、喘息発作など)
  5. 小児における予防接種の理解並びに指導
    小児における各種予防接種を理解し適切に指導ならびに実施出来るようにする。
  6. 各種カンファランス(症例検討会、X線カンファランス、抄読会、輪読会、テーマカンファランス)総回診などは常勤医、研修医とプログラムで参加する。

経験目標

個々の症例に直接関与しながら、まず診療法の基本的知識と手技に習熟させ、漸次高度の臨床能力を習得させる。

  1. 基本的診療技術の習得
    • 病歴記載法
    • 小児特に乳幼児の診察法
    • 問診法並びに理学的所見の見方
    • 乳幼児・病児の心理学的事項の習得
    • 投薬及び処方の原則
    • 薬用量、注射量
    • 予防接種
    • 採血法、乳児採尿法
    • 臨床検査項目の選択と順序
    • 各種注射法
    • 輸液・輸血法
    • 消息子栄養、胃洗浄
    • 腰椎穿刺
    • 胸腔穿刺
    • 骨髄穿刺
    • 腎盂撮影法
    • 心電図
    • 脳波
    • CT
    • MRI
    • 超音波検査
    • アレルギー皮膚試験(スクラッチ法、皮内法、貼布試験)
    • 肺機能検査
    • 運動誘発喘息
    • 吸入誘発試験
    • 気道過敏性試験
  2. 入院患者診療
    原則として初期の間、主治医たる指導医のもとに副受持医となって診療に従事し、診療能力の充実に伴って指導医の助言のもとに受持医(主治医)としての役割を担う。
    受持患者については、疾患別を配慮しつつ、広汎に小児各種疾患の診療を経験させるように努める。剖検例については病理解剖に立ち会う。
  3. 外来診察
    原則として初期の間、指導医の診療を見学して、外来診療の実状を把握し、その間適時一般処理の技術を習得し、次いでその診療能力に応じて指導医の助言を受け得る体制のもとに独立、診療に従事させる。
    小児疾患の大部分を占める感冒性呼吸器疾患、その他の諸種感染症、下痢、嘔吐性疾患、湿疹、喘息状態、外科的並びに整形外科的疾患、心身症、育児相談などに習熟させる。
adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。