人を対象とする医学系研究に関する情報公開

『消化器疾患の治療成績・予後に関する観察研究』へのご協力のお願い

同愛記念病院消化器内科では、消化器疾患の疫学や病態を調べることで原因を明らかにし、それらの科学的な根拠に基づいて、正しく診断し、より有効な治療方法を確立することを目的として、さまざまな研究を行っています。このような研究活動の基礎になるのが、実際に当科を受診され診療を行った患者さんの診療録(カルテ)の情報です。診療録に記録されている各種の臨床情報、検査結果、治療内容や経過などの医学情報は、病気の解明のために大変貴重なものです。

当科では、消化器疾患の早期成績(短期・直接治療効果、早期偶発症など)や長期成績(生命予後、再燃・再発率、長期偶発症など)について、日常診療で得られた情報(採血結果や画像検査結果など)を外来カルテおよび入院カルテから収集し、検討しています。対象となるデータは、問診内容や診察所見、投薬内容、疾患名、各種検査結果、処置内容など、通常診療の範囲内において記録されたデータです。この研究は、過去の診療記録を用いて行われますので、該当する方の現在・未来の診療内容には直接の影響を与えませんし、不利益を受けることもありません。解析にあたっては、氏名・生年月日・住所・電話番号・ID番号などの個人情報はすべて匿名化させていただき、その保護には十分配慮いたします。医学の発展のために、学会や学術論文などで研究成果を発表する際には、個人の特定が可能な情報はすべて削除いたします。

この研究に関して不明な点がある場合、あるいはデータの利用に同意されない場合には、以下にご連絡いただきたいと思います。なお、本研究は当院の倫理審査委員会の承認を得ております。また、この研究への参加をお断りになった場合にも、将来にわたり診療上の不利益を被ることはありません。

連絡先

〒130-8587
東京都墨田区横網2-1-11
同愛記念病院
電話:03-3625-6381 Fax:03-5608-3211
担当医師: 消化器内科 手島 一陽

『AI(人工知能)を用いた内視鏡画像補助診断システムを利用した、上部消化管内視鏡検査に関する研究』 へのご協力のお願い

最近めざましい進歩を遂げているAI(Artificial Intelligence:人工知能)は、医学・消化器領域の臨床にも応用されつつあります。上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査では、早期胃がんの診断や胃ヘリコバクターピロリ感染診断などに関する学術論文が報告され、専門医と同等の精度での画像補助診断の実現が期待されています。

私たち同愛記念病院消化器内科・外科では、胃カメラ検査において、医師による診断を補助するためのAIを用いた画像診断システムを確立することを目的とした多施設共同研究に参加しており、通常の検査としてお受けいただく胃カメラ検査のデータを収集・解析しています。

検査をお受にいただくにあたり、通常の胃カメラ検査と比較して、新たなご負担は生じません。また、収集される内視鏡データはすべて匿名化し、当該AIシステムの開発元であるAIメディカルサービス(https://www.ai-ms.com/別ウィンドウ)において解析され、個人情報が特定されることはございません。学会や学術論文などで研究成果を発表する際にも、個人の特定が可能な情報は含まれません。

本研究は当院および日本医師会の倫理審査委員会の承認を得ております。この研究に関して不明な点がある場合、あるいはデータの利用に同意されない場合には、以下にご連絡いただきたいと思います。また、この研究への参加をお断りになった場合にも、将来にわたり診療上の不利益を被ることはありません。

連絡先

〒130-8587
東京都墨田区横網2-1-11
同愛記念病院
電話:03-3625-6381 Fax:03-5608-3211
主任研究者: 消化器内科 手島 一陽

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。